【唐津くんち2019】黒獅子の歴史とは?日程も確認しよう

年間行事

今年も唐津くんちが近づいて来ましたね。

毎年多くの方が唐津に訪れて、おくんちを楽しんでいますが、今はなき「黒獅子」はご存知ですか?

赤・青・金の獅子は現存していますが、その昔「黒獅子」というものもあったんですよ。

なぜ黒だけが?という疑問があったので調べてみました。

スポンサーリンク

唐津くんち2019の概要

唐津くんち[Hi-res/4K SAGA]

唐津くんちとは

 

「唐津くんち」は、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋の例大祭です。(お祭りですね)

毎年11月2日〜4日に開催され、平成28年にはユネスコ無形文化遺産に登録された「山、鉾(ほこ)、屋台行事」の全国18府県33件の1つとして登録されている神事なんです。

 

そのこともあり、2017年には過去最高の63万人を動員する九州を代表するお祭りです。

そしてパイレーツの血を引く唐津の人々のパワーが一気に爆発する3日間なんですよ。

ユネスコ無形文化遺産「山、鉾(ほこ)、屋台行事」一覧

八戸三社大祭の山車行事青森県八戸市
角館祭りのやま行事秋田県仙北市
土崎神明社祭の曳山行事秋田市
花輪祭の屋台行事鹿角市
新庄まつりの山車行事山形県新庄市
日立風流物茨城県日立市
烏山の山あげ行事栃木県那須烏山市
鹿沼今宮神社祭の屋台行事鹿沼市
秩父祭の屋台行事と神楽埼玉県秩父市
川越氷川祭の山車行事川越市
佐原の山車行事千葉県香取市
高岡御車山祭の御車山行事富山県高岡市
魚津のタテモン行事魚津市
城端神明宮祭の曳山行事南砺市
青柏祭の曳山行事石川県七尾市
高山祭の屋台行事岐阜県高山市
古川祭の起し太鼓・屋台行事飛騨市
大垣祭のやま行事大垣市
尾張津島天王祭の車楽舟行事愛知県津島市・愛西市
知立の山車文楽とからくり知立市
犬山祭の車山行事犬山市
亀崎潮干祭の山車行事半田市
須成祭の車楽船行事と神葭流し蟹江町
鳥出神社の鯨船行事三重県四日市市
上野天神祭のダンジリ行事伊賀市
桑名石取祭の祭車行事桑名市
長浜曳山祭の曳山行事滋賀県長浜市
京都祇園祭の山鉾行事京都府京都市
博多祇園山笠行事福岡県福岡市
戸畑祇園大山笠行事北九州市
唐津くんちの曳山行事佐賀県唐津市
八代妙見祭の神幸行事熊本県八代市
日田祇園の曳山行事大分県日田市

(出典:https://www.nippon.com/ja/features/h00157/)

くんち・おくんちは

 

そもそも<くんち・おくんち>とは何なのでしょうか?

くんちとは、九州北部における秋祭りに対する呼称。収穫を感謝して奉納される祭である。「おくんち」と称される場合もある。

ほとんどのくんち行事に共通する要素として、神社から御旅所まで神輿による御神幸が行われることがある。またそこに大名行列稚児行列山車(曳山、山笠など)、囃子踊り獅子舞などが加わるが、何が加わるかについてはその地域ごとに大きく異なり、同じ「くんち」と一括りにできないほど多彩なものになっている。

(出典:Wikipediaより)

このように九州北部で行われる秋のお祭りなんですね。漢字では「供養」と書き、収穫感謝を意味します。

九州北部というと、一般的には福岡県・佐賀県・長崎県のことを指し、稀に熊本県北部(熊本市以北)のことを言います。

実際にはお祭りが行われる神社ごとに行われますが、大きなお祭りとしては「長崎くんち」「博多おくんち」と「唐津くんち」の3つで”3大くんち”と言われています。

 

「博多おくんち」は櫛田神社で行われますが、博多祇園山笠に比べると知名度は低く、「長崎くんち」が観光の目玉としても取り上げられ一番認知されていると言えますね。

 

しかしながら、「長崎くんち」は南京町もあるように歴史的に外国文化の影響を多大に受けている地域柄、ドラゴンが出てきたりするのに比べ、「唐津くんち」は純和風なお祭りと言えます。

【唐津くんち2019】日程

1日目 11月2日  19:30〜22:00

【順路】

各町内曳山留め~大手口~市内一巡~唐津神社前整列

曳山展示場から午前5時に引き出され、綺麗に磨き上げられます。

その後、19:30に刀町の赤獅子が引き出され大手口から出発すると、曳き順通りに近い場所から残りの13台の曳山も合流し唐津神社を目指します。

※曳山は、制作年の古い順に曳かれます。

 

万が一、雨の場合や予想される場合は曳山展示場に格納されます。

(普段は、展示されているんですよ)

あおきあこさん(@aokiako)がシェアした投稿

2日目 11月3日   9:30〜16:30

【順路】

唐津神社前~市内巡行~西の浜(お旅所)~市内巡行~各町曳山留め

午前9時30分から14台の曳山は唐津神社の神輿2台と大石神社の神輿とともに、西の浜の明神台までの巡行が始まります。

 

西の浜では、唐津くんち一番の見所である「曳き込み」が、1番の赤獅子(刀町)から14番の七宝丸(江川町)まで制作年代順に行われます。

唐津くんち2017 曳き込み1

一旦休憩を取った後に神事が行われ、終了後午後3時から「曳き出し」が行われ、曳山はそれぞれの町へ帰って行きます。

3日目 11月4日 10:00〜17:30

【順路】

各町内曳山留め~唐津神社前~市内巡行~唐津駅前~市内巡行~曳山展示場

この日は「町廻り」といって町人のお祭りです。お神輿は登場しません。

各町から唐津神社に集まり、午前10時に花火の合図とともに前日と同じ順路を廻ります。(約8km)

2017年11月4日 唐津くんち 町廻り(Uターン)

その後、12:30頃には唐津駅前の米屋町通りに勢揃いして休憩し、14:30から最後の曳き納めとばかりに「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに曳き廻され、曳山展示場へ戻っていき、唐津くんちの幕は閉じられます。

【唐津くんち2019】黒獅子の歴史

 (引用:http://www.yoyokaku.com/sub7-152.htmより)

唐津くんちにお調べになって「黒獅子」にまでたどり着かれたあなたは、かなりの通のレベルに達していらっしゃいます。

「黒獅子」については、考えれば考えるほど現代の我々を惹きつけるものがあるのでまとめておきます。

 

そもそも現在の唐津くんちでは14台の曳山が曳行されていますが、かつては15台あったということです。そしてその1台が「黒獅子」と呼ばれるものであったんです。

曳山は1819年〜1876年までの50数年の間に、各町単位で15台作られ奉納されていました。

しかし、1889年の巡行を最後に「黒獅子」は消失したという記録が残っています。

 

何があったのかは諸説あるものの、宵宮に提灯の火が燃え移りお堀に落としたため損傷が激し買ったので廃棄されたという話があります。しかしながら、当時はそのような宵曳山行事がなかったという史実もああります。

このように「消失した」という表現がされているところに何か惹きつけられるんでしょうね。

黒獅子メイキング映像

そんな「黒獅子」ですが、平成24年に唐津土曜夜市40周年を記念して、120年ぶりにダンボール製ながらも、唐津中央商店街の青年たちによって復元されました。

まとめ

 

いかがでしたか?

唐津くんちの当日には出番はなさそうですが、こんな黒の歴史を知っていると楽しさも人一倍になるでしょ?

ぜひ、唐津くんちの活気を楽しんでくださいね♪

【唐津くんち2019】歴史を教えて!曳山や宵山ってなに?
その収穫時期に、古くから日本は収穫を感謝するお祭りを神事として行ってきた歴史があります。 ユネスコ無形文化遺産にも登録された「唐津くんち」の歴史や曳山・宵山についてまとめましたのでご覧ください。
【長崎くんち2019】コッコデショ(樺島町)って何?日程・駐車場・交通規制・歴史も教えて!
2019年の長崎くんちの日程や歴史と、駐車場や交通規制もあわせてまとめていますよ。特に駐車場情報は充実しています。さらに、演し物のなかでも特に注目されるコッコデショをしっかりと解説しています。
【長崎くんち2019】踊り町の演し物(コッコデショなど)をご紹介!
2019年は10月7日(月)〜9日(水)に開催される長崎くんち。長崎くんちの楽しみはもちろん踊り町の演し物ですよね。コッコデショや龍踊り・獅子踊りはじめとする演し物をご紹介します。
【博多おくんち2019@櫛田神社】千灯明と御神幸が見どころ!全体スケジュールは?
「博多おくんち」は、唐津くんちや長崎くんちと並んで”三大くんち”と呼ばれる収穫を感謝する秋の例大祭です。 博多の総鎮守:櫛田神社で行われる「博多おくんち」の千灯明や御神幸といった見どころをご紹介。
【博多おくんち2019@櫛田神社】おすすめのランチと宿泊ホテルをご紹介!
「長崎くんち」「唐津くんち」が有名ですが、3つ目には福岡県は博多の「博多おくんち」があるんですよ。 すっかりグルメの間では人気になった福岡:博多のおすすめランチと宿泊ホテルを、過去に6年間住み今も毎年遊びに行っている筆者がご紹介します。
【川越まつり2019】交通規制や駐車場は?時間(いつ)は?
毎年100万人近い来場者数を記録する小江戸:川越の「川越まつり」。時間(タイムテーブル)と当日の交通規制情報や臨時駐車場と有料駐車場それぞれの情報をご参考になるようまとめました。
【ユネスコ登録】川越まつりの歴史とは?
2016年12月のユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」の一つとして、エントリーしている”川越まつり”。 古くから小江戸と呼ばれ、町の発展の象徴とも言える”川越まつり”とユネスコ無形文化財について調べました。 川越まつ...