【北海道バルーンフェスティバル2019】歴史やアクセス方法・駐車場は?

北海道バルーンフェスら 年間行事

日本のバルーンの歴史にとって聖地ともいえる北海道の上士幌町。

この気球の町、上士幌町で開催されているバルーンフェスティバルは2019年で46回を迎え、北海道のみならず全国からいろいろな熱気球が参加し、広い十勝の大地に舞い上がります。

 

今回はこの「第46回北海道バルーンフェスティバル2019」をご紹介させていただきます!

道民であっても「上士幌町?」っていうくらいちょっとマイナーな(ごめんなさい)所ですので、道外の人にしてみたら外国に近いかもしれません(笑)

 

そんな上士幌町へはどうやって行けばいいのでしょうか?駐車場は?

そもそもバルーンフェスティバルってどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

【北海道バルーンフェスティバル2019】歴史と日程は?

 

まずは北海道バルーンフェスティバル2019の日程や歴史などについてのご紹介です。

さて、2019年の開催日はいつなのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

青の荒川さん(@aonoarakawa)がシェアした投稿

【北海道バルーンフェスティバル2019】開催日程

 

北海道バルーンフェスティバルは、2019年8月10日(土)〜12日(月)までの3日間開催されます。

 

ですが、なにせ熱気球なので天候に左右されます。

特に雨や強風などの場合飛ばすことができません。

天候によってスケジュールの変更があるので、ご承知おきください。

スケジュールはこのようになっています。

【8月10日(土)】
・「onちゃんおはようたいそう」10時~11時

・「-シゴトガイドPresents-アコースティックLIVE」11時30分~12時30分

出演:いとたい、COCO®

・「Live Balloon (ライブバルーン)DAY1」16時~17時

出演:高井麻奈由、hopesign、武田英祐市(THE武田組)

【8月11日(日)】


・「イイことイロイロ STVラジオ  島谷ひとみライブコンサート」12時~13時

出演:島谷 ひとみ

・「Live Balloon (ライブバルーン)DAY2」15時~16時、18時~19時

出演:hopesign、流、武田英祐市(THE武田組)



【8月12日(月・振休)】

・「それいけ!アンパンマンショー」11時~12時、13時30分~14時30分

・「アルスくんとじゃんけん大会」13時30分~14時

・「Live Balloon (ライブバルーン)DAY3」15時~15時30分

出演:児玉梨奈

引用元 https://www.kamishihoro.jp/entry/00003961

また、当日にはさらにサプライズなステージも予定されているとか?!

第41回北海道バルーンフェスティバル バルーングロー

十勝方面へお出かけの予定があれば、上士幌町まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

北海道バルーンフェスティバルとは

 

北海道バルーンフェスティバルは、北海道の真ん中にある上士幌町というところで行われている熱気球の大会です。

大会とはいえ、会場ではいろいろなイベントが開催され「バルーン商店街」という地元食材などを使った屋台も登場、お祭り気分も味わえる楽しいイベントなんですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momokaさん(@m.o.q.u.a.s.u.n)がシェアした投稿

そしてやはり雄大な風景をバックに搭乗体験ができるのも、このフェスの魅力♪

2018年の料金は大人1,000円、小学生以下が700円となっていて、手頃な価格で普段なかなかできない体験ができるんですよ。

ロープで係留されたまま上昇し、滞空時間も5分くらいなので怖いな~と心配なあなたでも、安心して体験できると思います。

 

またドアのある熱気球もあるので、車いすや足腰に不安な方でも乗ることができます。

搭乗するのも楽しいですが、やはり地上からバルーンを見るのも素晴らしい光景♪

特に2日目の夜におこなわれる「夜空に映えるバルーングロー」というバルーンを赤い炎で照らすイベントは必見です。

ぜひこの光のショーで感動を味わってください。SNS映えしますよ!

 

そしてマーカーと呼ばれる砂袋をバルーンから落として、地上にあるターゲットにどのくらい近づけるのかを競うという、とても楽しそうな競技もあります。

参加するのもよし、下から眺めるもよし、眺めながら食を楽しむもよし、それが北海道バルーンフェスティバルです!

北海道バルーンフェスティバルの歴史

 

日本に「日本熱気球連盟 (現在の日本気球連盟)」が発足したのが1973年。

そして翌年の1974年に日本熱気球連盟によるフェスティバルが開催されたのが、この上士幌町でした。

このときは5団体70名が参加しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上士幌ガールズバルーンクラブさん(@kgirls.bc)がシェアした投稿

ということは、日本の公式なバルーンフェスティバルは上士幌町からスタートしたことになりますね。

しかも、1976年に行われたフェスでは、日本で初となる競技会が行われたそうで、バルーンファンのみならず写真愛好家たちからも熱い視線を送られているそうです。

 

また、1982年からは冬にもバルーンフェスティバルを開催。

真っ白な大地の上に浮かぶ熱気球もまた一味違った感動を味わえるでしょう。

 

このように上士幌町で開催される「北海道バルーンフェスティバル」は、バルーンフェスの日本の先駆けとも言えるんです。

 

上士幌町の面積は東京23区とほぼ同じで、そのうちの76%を国立公園と国有林が占めている自然の中にある町です。

その広大な大地や気候などによってこの上士幌町が選ばれたのだと思いますが、ぜひ足を運んでその理由を実感してみてください。

【北海道バルーンフェスティバル2019】アクセス方法は?

 

北海道のほぼ真ん中にある上士幌町ですが、詳しいアクセスについてご紹介します。

【開催場所】

上士幌町航空公園:上士幌町基線241番地

【問い合わせ先】

北海道バルーンフェスティバル組織委員会(上士幌町役場商工観光課)

TEL:01564-2-2111

syoukoukankouka@town.kamishihoro.hokkaido.jp

【飛行機】

とかち帯広空港が一番近い空港です。

空港からは連絡バスでJR帯広駅まで40分、そこから路線バスでおよそ1時間20分となります。しかも路線バスは1日に8本しか出ていません(笑)

 

空港からレンタカーを借りた場合、およそ1時間20分で到着します。

その際には、とかち帯広空港の近くから無料の自動車道が帯広までつながっているので、ぜひご利用ください。

【JR】

JRを利用の場合も、帯広駅で下りそこから路線バス(1日8本)利用になります。

それにしても1日8本って寂しいですよね~でも行ってみると8本の理由がわかると思います(笑)
帰りのことも考えると、やはりレンタカーがおススメですね。

【自動車】

主な場所からの距離とおおよその時間です。

帯広市 38km 50分

とかち帯広空港 70km 80分

札幌市(高速道路利用)210km 3時間30分

旭川市 160km 3時間

道民のわたしからちょっとしたアドバイスをすると、帯広市内はちょっとわかりにくいかもしれませんが、道路も広く走りやすいです。

帯広市内を抜けるとあとは国道をず~っと走っていけばいいので、ナビに従ってのんびりと景色を楽しみながらドライブしてください。

高速道路を利用した場合は帯広市内は通らないので、スムーズに会場まで行けます。

 

バルーンフェスティバルは、早朝や日が暮れてからもイベントがあります。

帯広市内にはたくさんのホテルもありますし、近くにある「ぬかびら源泉郷」の温泉でゆっくりするのもいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takita Kazuoさん(@kazuotakita)がシェアした投稿

また会場はキャンプ場が隣接しているので、テントをお持ちであればキャンプをするのもいいかもしれません。(キャンプ場を使用の際は大人500円かかります)

アウトドアブームでキャンプをする人口が増えていますもんね~。

 

雄大な景色と広大な土地で、のんびりと過ごして日々の疲れを癒やしていただけると嬉しいです。

【北海道バルーンフェスティバル2019】駐車場はある?

 

交通の便はちょっと不便に感じますが、その代わり駐車場は広いので駐車場で長い行列が・・・なんていうことはないと思います。

ですが、フェス当日はかなり混雑しますので運転にはご注意ください。

駐車場は、「航空公園駐車場」「臨時駐車場」の2か所で、合計500台停めることができます。

航空公園駐車場 200台

住所 北海道河東郡上士幌町字上士幌基線242番地

帯広から向かうと上士幌町市街地を越して2kmほど西側に行ったところにあります。

看板が出ているので、見落とさないようにご注意ください。

臨時駐車場 300台

航空公園の南側になります。

上士幌町は人口が5千人にも満たない小さな町、しかも市街地から会場まで近いので道に迷うということはないはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuka ◡̈*さん(@yu_ua_ak)がシェアした投稿

ただJRも通っておらず、公共交通機関だと路線バスしか行く手段がありません。

車を利用するのがおススメですが、それ以外ならツアーという手段もあります。

ぜひ上士幌町で大空に舞う熱気球を見たり、熱気球の体験搭乗を楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

 

2019年の「北海道バルーンフェスティバル」は、8月10日(日)〜12日(月)の3日間開催され、3連休ということもあり例年よりも多くのステージが予定されているそうです。

 

1974年に日本で初めての熱気球フェスが開催されたというこの上士幌町。

歴史ある「北海道バルーンフェスティバル」は、参加しても下から眺めてもどちらも感動を味わえるフェス。

 

上士幌町まで行くには、飛行機にしてもJRにしても帯広を経由することになり、帯広からは路線バスを利用することになります。

 

駐車場は限りなく広いので(笑)

 

レンタカーなどを利用して、のんびりドライブしながら広大な十勝平野を堪能するのも良いですよ♪

 

朝ドラの舞台にもなったこの十勝、バルーンフェスティバルでは、さまざまな会場イベントや美味しいお店も出店してます。

また大空に舞う色とりどりのバルーンはSNS映えすること間違いなし!

そんな「北海道バルーンフェスティバル」を見に、上士幌町まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

【佐賀バルーンフェスタ2019】駐車場や交通規制はある?
いよいよ佐賀バルーンフェスタが始まります!そんな会場へ向かう時の、臨時駐車場や交通規制情報をまとめておきますのでご参考にされてください。各種イベントや佐賀県物産展など行われていてSAGAを満喫できる要素が盛り沢山!
【2019佐賀バルーンフェスタ】食べ物・楽しみ方・日程や会場を教えて!
「佐賀バルーンフェスタ」は、来場者数が80万人を超える人気イベント。その楽しみ方や会場をまとめています。 季節的にもちょうど過ごしやすい気候ですから、九州に転勤して間もない方やちょっと週末観光にという方におすすめです。
【2019佐賀バルーンフェスタ】宿泊ホテルはどこが良い?おすすめ一覧
佐賀インターナショナルバルーンフェスタの宿泊や駐車場の情報をご案内します。かれこれ40年近くの歴史を持つ佐賀県あげての一大イベント。ちょうど良い気候の秋の空に飛び立つバルーンを楽しみませんか?
【勝毎花火大会2019】来場者数はどれぐらい?駐車場や穴場を教えるよ
北海道で花火大会といえば、勝毎花火大会です。毎年20万人もの人出で賑わい、2万発もの花火が打ち上げられます。そんな一大花火大会の駐車場やシャトルバスなどのアクセス情報や、穴場スポットをご紹介しています。