【ひんやり敷きパッド】オススメのアウトラストの口コミをご紹介

生活

いよいよ今年も寝苦しい日がやって来ましたね。

夏の暑さが年々増して来ているように感じるのは、私だけでしょうか。

きっとあなたもそう思ってこのページにたどり着いていると思うので、参考になるようにお調べしました。

 

夏の夜にしっかり寝るために何が良いのか。。。

敷布団にかける「ひんやり敷きパッド」を真剣に考えてみてはどうかと思い立ったのです!

クールな感じで青字にしてみましたが、別サイトへのリンクじゃないですよ。

 

この「ひんやり敷きパッド」をしっかり検討して攻略するとあなたの良質な睡眠は保たれる!と信じています。そして私の睡眠も。

もう寝付けなかったり途中で目が覚めたりして、翌日あくびばっかりしているということもなくなりますよ。

 

これまでの空調といえば、クーラーや扇風機に始まり最近ではサーキュレーターも一般的になって来た感じですが、どれもタイマーをセットして切れたときの地獄はあなたも経験があるはず。

 

かと言って、独身の頃のように一晩中クーラーをつけっ放しで寝るなんてできないですよね。

電気代もさることながら、身体が持たなくなって来ています。

 

最近は”睡眠負債”という言葉も出て来て、より良い睡眠を追い求めていかないと大変なことになりそうで怖いですよね。

人生100年時代とか言われ始めても、そのうち三分の一は睡眠なんですからしっかりと考えていくタイミングなんでしょうね。

スポンサーリンク

【ひんやり敷きパッド】現状とその仕組みはどうなってる?

 

「ひんやり敷きパッド」について、真剣に考えるに当たって現状と仕組みを知る必要があると思いますので、ちょっと整理してみます。

ひんやり敷きパッドの現状

 

「ひんやり敷きパッド」はすでに多くのご家庭で利用されていると思います。

しかしながら、どうでしょうか?我々はそこまで「ひんやり敷きパッド」について考えてなかったように思います。

 

季節商品で数ヶ月しか使わないという前提もあるためか、安物ばっかり買ってますよね。

そして、夏なのでよく汗もかくから洗濯の頻度も高いのでゴムとかダルダルになってるのに、なんとなくそのまま使い続けたりして、買い換えるタイミングもなかなか難しいですよね。

ひんやり敷きパッドの仕組み

 

ひんやり敷きパッドの素材はそれぞれ違う思いますが、基本的な原理を押さえておきます。

それは、”接触冷感”を利用していること。

わかりやすくいうと、鉄を触ったとき最初は冷たい!って感じますけど次第に弱まってくるでしょ?アレと同じ原理なんです。

 

今使っている「ひんやり敷きパッド」も、最初快適でもずっと同じ姿勢だったら暑くなって来ますよね。寝返りしたら「涼しいぃ〜」ってなってちょっと幸せ感じます。

 

私の経験で唯一言えることは、ジェル素材のひんやり敷きパッドは結構大変ということ。

ジェルなんで全体が熱を持ってくるとひんやり感がなくなって来ます。そしてなんかこもると言うか、蒸れると言うか放湿してくれない感じになって来て寝苦しいんですよ。

そんな経験があるのでジェル素材だけはちょっと避けたほうが良いかと思っています。

(ジェル素材でもいろんな種類があるんでしょうけどね、、、)

【ひんやり敷きパッド】アウトラストの口コミ

 

肌に触れるものなんでやはり日本製にこだわりたいなと思います。

夏は薄着なんで、肌が触れる面積も広いですからね。

そう思ってどんなアイテムが良いかと探していたんですが、「コレ、欲しい!!」と思うすごいやつがあったんで、それをまずご紹介しますね。

その他、素材を考慮して検討したいなと言うものをピックアップして行きます。

イチ押しの”アウトラスト”とは

 


日本製 涼感敷きパッド 敷きパッド シングルサイズ 100×205cm 洗える アウトラスト涼感敷きパッドシーツ ひんやりシーツ ひんやりマット 暑さ対策 節電 クール寝具 コットン100% 綿 快適 安眠 涼しい ベッドシーツ 子供部屋 一人暮らし 社員寮 学生寮 送料無料

コレ、めちゃくちゃ欲しくなってしまったんで結構書きます!

注目するポイントはこの4つ

一年中使える

暑さ寒さを適温にしてくれる

宇宙服のグローブに使う素材として生まれた素材

丸洗いOK

 

なんと言っても、「一年中使える」ってサイコーじゃないですか?!

今までの夏しか使わないからって言う条件がなくなるとしっかり考えようってなりますよね。しかも、冬に使っても同じ適温に調整してもらえるってすごいことですよ。

 

ほら、数ヶ月前までの布団の中で震えてたことを思い出してください。

しかも、それがNASA(アメリカ航空宇宙局)のために作られた素材で実際に宇宙でも使われてるってなったら信憑性ありますもんね。

 

もちろん夏だけ使うためにこの値段って言うのは考えてしまいますけど、逆に言うと冬だけの敷きパッドもあるじゃないですか。

それも含めて考えていくとおトクなアイテムと言えると思いますよ。

アウトラストの口コミ

くま
くま

一部勘違いしている方がいるようですが、ジェルパッドとは根本的に原理が違います。
当方は、アウトドアウェアにおいて、アウトラストの性能は実感しているため、接触涼感と放湿性を重視したので、その点は十分に感じられました。麻製のマットのようなシャリシャリ感もなかなか快適です。少なくとも、100%綿のパッドとは全く違います。
肌に触れたときのひんやり感だけでいえば、ジェル入りの方が体感できますので、それを期待しているのなら購入は控えて下さい。ただし、ジェルパッドは1〜2時間たてば、ただの通気性の悪いパッドになりますので、朝気持ち悪いですよ。こちらのパッドは、背中の汗が気にならない程度になります。明らかに放湿性が優れている証拠でしょう。
まあ、当方はエアコンが苦手で、熱帯夜でもそこそこ平気で寝られるほうなので、エアコンつけっぱなしで寝るような方の参考にはならないと思いますが。「綿パッド2枚買うつもり」で購入されるなら、満足できると思います。

いぬ
いぬ

自宅にエアコンがなく、今年の猛暑に耐えかねて購入しました。
確かに、広告にあるような「ひんやり」感はないのですが、普通の式パッドと比較して、
明らかに熱がこもらない、さらっとした感じが爽快です。
購入以前は暑さで夜中何度も目が覚めていたのですが、この商品を購入してから
安眠できるようになりました。身体を極端に冷やすジェルパッドと違い、健康的な爽快感が味わえます。
感謝しています。

ねこ

ねこ

一ヶ月ほど使ってみての体感です。
23〜28度くらいの室温では表面はひんやりしてます。体を乗せて数十秒経つと体の下になっている部分は熱がこもり始めますが、熱が抜けるのも早いので、頻繁に寝返りをすることでひんやりした面の上で寝続けることができます。明け方になって気温が下がっても、上掛け一枚被れば冷たく感じることもなく、普通のシーツのように使えます。
ですが、室温が30度を超えると効果は薄れます。普通の寝具のように生地が温まって熱がいつまでも抜けないのに比べると少しはましですが、30度以上の熱帯夜ではひんやり感はほとんど感じられないと思います。
ためしに上にシーツを敷いてみたら熱がこもりやすくなりました。直接肌に触れるものとして、まめに交換しようと複数枚買うことを考えるとそれなりの値段になるので、そのあたりも考慮に入れた上で購入を考えたほうがいいと思います。
あまり気温の高くない地域・部屋で使う分には快適ですが、猛暑の暑さ対策としては、これだけでは頼りないように感じました。エアコンと併用するなら冷房の設定温度を上げる一助にはなるかと。購入前に洗濯方法が気になったのですが、紹介文には書いてなかったので製品についていた洗濯表示について→洗濯機弱OK、ドライOK、乾燥機NG。
固定用のゴムはしっかりしていて、多少の寝相の悪さでは敷きパッドがずれることがないのはいいと思いました。

(出典:Amazon

【ひんやり敷きパッド】日本製のオススメ厳選アイテム

 


【特典付き】日本製 洗える本麻敷きパッド「近江の麻」使用・詰め物も麻100%(シングル・100×205)S 国産 シーツ 裏地:綿100% ひんやり 敷パッド 冷感 パット 麻綿 汗取り リネン 送料無料 本麻敷きパッド

 

こちらは日本の麻100%の敷きパッドです。

昔から高温多湿の日本の夏の素材として扱われて来た麻をたっぷり使っています。

今となっては、麻のシャツを来たおじいちゃんもすっかり見なくなってしまいましたが、麻も価格が上がって来ている高級品です。

 

肌触りに敏感な方や、アトピーやアレルギーでお悩みの方は一考の価値あるアイテムではないでしょうか。

 


アイス眠EX 敷きパッド シングル アイスミンシリーズの上位モデル ストライプ 夏用 ひんやり 敷きパット マット 涼感 冷感 敷パッド アイスミン ひんやり マット ひんやりシーツ ロマンス小杉 日本製

 

こちらは「仕組み」でご紹介した接触冷感なんですが、寝返りをしたときに放熱するスピードが早いという特徴があります。

こちらの商品は、ひんやり敷きパッドをちょっと考えたよと言う方達には人気なようで口コミも上々の内容でした。

もちろん日本製で丸洗いOKなので、使い勝手も良さそうですね。

まとめ

 

いかがでしたか?

ひんやり敷きパッドを真剣に考えてみましたが、今年はどうしますか?

私は、本当に”アウトラスト”に惹かれてしまったので、真剣に考えて行こうと思っています。やはりどう考えても年中使えるって言うのはスゴいメリットだと思います。

 

素材にこだわるの方でご紹介した2アイテムは、どちらかと言うと高級品になって来て私なんぞにはまだ早いんじゃないかと感じてしまいました。

麻の敷きパッドで眠れたら幸せなんでしょうけど・・・

 

それでも夏の寝具は考えて追いたほうがいいでしょうね。

最近は、朝起きた時に脱水症状とかになっている話も出て来ていますから、昔と同じ感覚では生活していけなくなって来ています。

それは地球環境の変化も影響していますからね。

 

せっかくこのサイトにたどり着かれたのであれば、ひんやり敷きパッドを新調してみませんか?快適な眠りが待っていますよ。

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
addrichnessをフォローする
日常にスパイスを少々