【阪神基地サマーフェスタ2019】アクセスや駐車場・クルージング申込方法

年間行事

夏に来ると海!

自衛隊関連のイベントは数あれど、海上自衛隊のイベントはなかなか珍しいですよ。

 

特に、地方の基地ならいざ知らず交通アクセスが便利な阪神間に海上自衛隊の基地があることはご存知ですか?

その名も海上自衛隊阪神基地!

 

そんな阪神基地では、毎夏サマーフェスタというイベントが開催されています。

そこで、2019年に開催される阪神基地サマーフェスタのアクセスと駐車場やシャトルバスの情報をまとめました。

ぜひ、ご参考にどうぞ♪

スポンサーリンク

阪神基地サマーフェスタとは

 

兵庫県神戸市にある海上自衛隊阪神基地で開催される基地開放イベントです。

2019年は、7月6日(土)9:00〜15:00に開催されることが決定しています。

都市部にある基地でイベントが開催されるのは比較的めずらしいんじゃないでしょうか。

 

海と山が近い神戸の地で開催される海上自衛隊のイベントってロケーション最高ですよね。

 

View this post on Instagram

 

きんたにさん(@kintani4382)がシェアした投稿

さて、どんなイベントかというと、昨年のプログラムを参照ください。

10:00~15:00 艦艇一般公開 (14:30受付終了)
10:30~14:30 港内クルージング (交通船)
※事前申込
10:00~15:00 海図トートバック作製
10:00~15:00 公募写真展示
11:00~12:00 ラジコン潜水艦
13:00~14:00 ラジコン潜水艦
10:00~15:00 鉛筆画展示 「鉛筆艦船画家 菅野泰紀氏」
10:00~15:00 南極の氷展示
10:00~15:00 飾り結び教室
11:00~12:00 パネルディスカッション
テーマ「どうなるニッポンの海上防衛!」
12:30~13:00 ライブステージ
神戸発アイドルユニットKOBerrieS♪
10:40~11:00 神戸学院大学チアリーダー部
14:00~14:45 神戸女子大学管弦楽団
13:05~13:50 神戸大学アカペラGhanna Ghanna
11:10~11:40 吹奏楽部合同演奏
神戸山手大学
甲子園大学
箕面学園高等学校

(出典:https://flyteam.jp/event/detail/6579より)

 

このように海上自衛隊らしい艦艇の一般公開や、事前抽選制の港内クルージングの体験ができます。

そして、地域の皆さんに楽しんでもらえるように最近はどこに行っても存在するご当地アイドルや、地元の学生たちによる演奏など飽きることのないイベントとなっているんですよ。

 

View this post on Instagram

 

bi-ba- (ビーバー)さん(@_.bi_ba._)がシェアした投稿

2017年にはご当地アイドルではなく、海上自衛隊が誇る呉音楽隊が登場してこんなキレッキレッのパフォーマンスを見せてくれています。

神戸って思っているより、都会ではないので身近でこんなイベントがあるのは嬉しいことですよね。

キレッキレ自衛官の恋ダンス!まさかの指揮者も!呉音楽隊・阪神基地サマーフェスタ2017

【阪神基地サマーフェスタ2019】アクセスと駐車場・シャトルバス

【阪神基地サマーフェスタ2019】アクセス

海上自衛隊阪神基地

住所:〒658-0024 兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町37

最寄り駅:阪神電車 青木駅より徒歩30分

JR神戸線 摂津本山駅or住吉駅より市バスにて魚崎浜東バス停より徒歩2分

阪神基地サマーフェスタアクセスマップ

基地に入場する際は、持ち物検査が行われます。

不要なものは極力持ち込まないようにしましょうね。

そして、ドローンを飛ばすなんてもってのほかです!ご注意を。

【阪神基地サマーフェスタ2019】駐車場とシャトルバス

 

阪神基地サマーフェスタでは、例年臨時駐車場が設けられますが都市部のため台数に限りがあります。

地方都市のように河川敷や小学校のグラウンドを借りて運用することもできないため、サマーフェスタ当日は公共交通機関を利用して来場することをオススメします。


サマーフェスタ当日は、JR摂津本山駅より無料シャトルバスが運行されます。

例年、9:00〜15:00の間で運行されていますので要チェックです。

ちなみに、JR摂津本山駅は各駅停車しか停まりませんので要注意ですよ♪

JR摂津本山駅は、阪急岡本駅とも徒歩10分もかからない距離なので阪急電車を利用して無料シャトルバスに乗車することもできます。

【阪神基地サマーフェスタ2019】港内クルージング申込方法は?

 

港内クルージングは、事前申し込みによる抽選となります。

2019年の概要や詳細は、5月上旬の段階ではアナウンスされていませんが、例年のスケジュール感で考えると6月中旬が申し込み締め切りとなりますので、頭の片隅にインプットしておきましょう。

 

View this post on Instagram

 

◆阪神基地隊サマーフェスタ2017より◆. . 順番前後しますが、記憶が有るうちに【みちしお】さんの船内レポ的なやつを. ※長文注意(笑). . 今回は前部ハッチ(魚雷搭載口兼用ハッチ)から乗艦です。. 魚雷搭載口兼用ハッチと言うこともあり、まず垂直に降りて、途中で斜めに方向転換して乗り込むという手間のかかる入り方で乗艦。. 降り立った場所は魚雷室。. 降りた場所の両脇には、上段に89式魚雷が一本ずつの計2本ラックに搭載されてました。. . 下段には魚雷ではなく、飲料水や食料等がわんさか積み込まれており、お話を伺ったところ今年練習潜水艦に配置換えになった事による、数少ない変わったことが魚雷の装備本数が減ったと言うことでした。. ※その分食料積んでるそうです。. . 魚雷室を出ると、そこから先の通路にはすべての場所に二重のゴムマットが敷かれておりますが、さらに清音性高めるために、通常は乗り込むと全員スニーカーに履き替えるそうです。. . そんな話をしながら、通信室前を通って食堂前へ。. 前回の『いそしお』さんの時は食堂も入れた様ですが、今回は食堂は覗くだけで指令室へ。. これまで唯一見たことの有る、鉄のくじら館の『あきしお』と比べると二代進んでることも有り、かなり近代化されてました。. 内装も全体的に明るい印象。. ただ、計器類はまだ殆どがアナログなのにはビックリしました。. . 次級の『そうりゅう』型からは一気にデジタル化したそうですが、『おやしお』型は海図も含めてまだ殆どがアナログでした(^^;. . ただ所々に液晶モニターが有って、そのうちの何個かには、サンテレビが流れてたのを見て『おやしお』型との差を感じました(笑). . 潜望鏡を覗く場所は、お立ち台の様に一段上がっており、回りを全周カーテンで区切れるようになってました。. 潜望鏡覗かせて貰いましたが『あきしお』の潜望鏡とは格段に見え方が違いました。当然ですよねw. . その後は士官室(士官食堂兼用)の椅子に座ってゆっくりしてから、中部ハッチより出たくないと駄々をこねながら退艦しました(* ̄∇ ̄*). . 短かったですが、艦内は21度程度(年中同じ温度)の温度で、ひじょーに過ごしやすく、嫌な臭いも全くしませんでした😁. . 以上!既に所々記憶が抜けてますがざっとしたレポでした。. ※長文お付き合い有難うございました※. . . 同型艦でもまた乗りたいです(*´ω`*). . . . 因みにこのpicを見られて気がつきますよね?. . そうです。潜水艦乗艦当たっただけでなく、港内クルーズも当たってました(笑). . といっても、こちらは小学生優先となってますので、同行者の長男の力でしょうw. . . #自衛隊好きな人と繋がりたい #海自好きな人と繋がりたい #阪神基地隊好きな人と繋がりたい #潜水艦好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #艦活 #海上自衛隊 #JMSDF #海上自衛隊阪神基地隊 #阪神基地隊 #阪神基地 #阪基 #阪神基地サマーフェスタ #阪神基地サマーフェスタ2017 #潜水艦 #練習潜水艦 #みちしお #TSS3609 #潜水艦乗艦 #交通船 #YF1034 #港内クルーズ #自衛艦おしり祭り #自衛艦おしりコレクション #ef70200f28lis2usm #EOS5Dmarkiv #eos5dmark4 #CANON #japan #lovehyogo

bi-ba- (ビーバー)さん(@_.bi_ba._)がシェアした投稿 –

まぁ、この港内クルージングが好きな人にとってはメインイベントともなりますから、申し込みだけはしておくことをオススメします。

 

正式なアナウンスは、海上自衛隊阪神基地のサイトにてアップされますので以下のリンクよりご確認ください。

阪神基地隊:お知らせ・イベント情報

 

また、2018年の申し込み概要を参考までにリンクします。

基本的には、同等のないようになるかと思いますがご覧ください。

過去の申し込み概要

まとめ

 

いかがでしたか?

海上自衛隊阪神基地で毎年開催されるサマーフェスタのアクセスや駐車場・シャトルバス情報をまとめました。

 

当日は余裕を持って、JR摂津本山駅に到着することををオススメします。

7月初旬はもうすっかり炎天下ですから、バス待ちの時間によってはダウンしてしまうかもしれません。

 

熱中症対策と暑さ対策は必須ですので。

健康管理に注意しながらイベントを楽しんでくださいね。