上越市水族博物館”うみがたり”で癒される3つの理由

生活

いよいよ夏休みがやって来ました!

1年間の大型連休というと、年末年始のお休みの後はゴールデンウィーク、その後は夏休み!そしてシルバーウィークが長いかどうかはその年次第。そして年末まで突っ走っていくという流れになります。

 

もう夏休みあたりになると結構疲れていますよね?

この辺りになると年間の三分の一が終了して、残すところあとわずかです。

リセットしてなんとか有意義な一年にしたいものですね。

 

自宅でゴロゴロしているのも勿体無いし、かと言ってクソ暑いところへ出かける気もしないというあなた!

 

今年の夏は、フットワークをかるくして

 

「癒されにちょっと新潟まで」

 

スポンサーリンク

水族館で癒される

 

大人になってから水族館って行かれますか?

もしかしたら、子供の頃は親に連れて言ってもらったけどという方や、近くの水族館は古くて変わり映えしないという理由で足が遠のいていらっしゃる方もいるかもしれませんね。

 

筆者は、大人になってからけっこう水族館に行くことが増えたんです。

増えたと言っても、年に数回程度なんですけどね。

また、特に魚に詳しいとかで見てても魚種はわかりません。

 

あの水槽の中で大きな魚が雄大に泳ぐ姿とか、小魚が群れになって泳ぐ魚群がキレイでなんとなくボーッと眺めていると癒されるんですよ♪

時間を忘れてなんとも言えない瞬間を感じます。

だから、ちょっとお疲れ気味のあなたにもオススメしたいんです!

 

しかも、最近の水族館はすごいんですよ!

設備はキレイで景色も良くて、水族館という施設と自然の融合を計算されて建てられています。

筆者自身が、感動したのは大分県にある大分マリーンパレス「うみたまご」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yamada Takehiroさん(@tm.1108)がシェアした投稿

↑↑この写真、手前と奥で水の色が違うと思いますが、手前は水族館の水槽の水なんです。

奥は海の色。

この施設と自然の融合に感動して、水族館が大好きになったんですよね。

 

それで他にも癒されそうな水族館はないかなぁと思って調べてみると、新潟県上越市にある市立水族館がキレイになってリニューアルオープンするそうなんです!

 

その名も「うみがたり」

Nana_S☺︎さん(@na_na0302)がシェアした投稿

最近の水族館は、エンターテイメント性が優れているので、

「きっと癒されるに違いない!?」と思ったので、調べてみました。

「うみがたり」で癒される3つの理由

 

この「うみがたり」について興味を惹かれる部分として管理している会社が株式会社横浜八景島がやっているんです。

名前から想像できる通り、”横浜八景島シーパラダイス””品川アクアパーク”を管理されているんです。

行かれた方はご存知かと思いますが、日本を代表する水族館ですよね。

また、一般的にイメージする水族館とは違って、大人も楽しめる要素が多いんですよね。

見どころは3つあるんです!そして、それが癒されるんですよねぇ〜。

 

キュン死必至のシロイルカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@don.gricoがシェアした投稿

アニメのキャラクターやぬいぐるみとかでよく登場するシロイルカがいます!

全国の水族館で5館目のようです。

ちなみに、鴨川シーワールド・八景島シーパラダイス、島根海洋館AQUAS、名古屋港水族館です。

こうみると新潟県上越市なら混雑も少なそうで案外行きやすいかもしれないですね。

momokoさん(@ea541302)がシェアした投稿

世界一の飼育数を誇るマゼランペンギン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taichanさん(@taiaquarium)がシェアした投稿

マゼランペンギンは、2本線がトレードマークのペンギンです。

全国で15館ありますけど、「うみがたり」は世界一の飼育数なんですって。

その数、約120羽!

 

しかも、マゼランペンギンの生息地:アルゼンチンの暮らす様子を再現されて、かなり至近距離で触れ合えるような感じみたいです。

120羽もいると壮観でしょうね♪

日本海の夕日

 

この投稿をInstagramで見る

 

kaz.unlimitedさん(@kaz.unlimited)がシェアした投稿

あとね、この夕日を観てください。日本海の夕日です。

「うみがたり」も先ほどの大分県のうみたまごのように、水槽と日本海がいい感じで景観を作っているようです。

 

もうね、泣けると思いますよ!

 

筆者は、うみたまごで味わった感動をあらためて得られるんんじゃないかと思って楽しみですね。

こころが洗い流される癒しを

 

このように新潟県上越市の「うみがたり」では、動物だけでなくその空間全体で癒されるんですよ!

 

シロイルカやマゼランペンギンももちろん癒されると思います。

しかしながら、筆者はぜひ日本海の夕日を観ていただきたい!そして、私も観たい!!

 

そうそう上越市ってあまり耳にしたことないと思いますけど、昔は、直江津市と呼ばれていたみたいです。

直江津ってけっこうドラマとか映画の舞台にもなっているんで観光も楽しめますしね。

そして地方の温かみを感じられますしね。

 

空間と人の温かみの双方向で癒される!

積もり積もった疲れが洗い流されてラグジュアリーな時間を堪能できるでしょうね。

ちなみに、この海の音って「1/fゆらぎ」っていう人間が癒しを得られる周波数を出しているんです。

このような忙しい日常では得られない癒しも得られるんですよ。

まとめ

 

いかがでしたか?

昨今、旅行に癒しはマストですよね。

おっ、ちょっと良さそうじゃないか?!って思ったあなたは、今すぐ宿のチェックを!!

とりあえず、宿を押さえないことには 始まりません!

ちなみに、キャンセル料は直前までかからないことがほとんどです。

逆に、直前にキャンセルが発生して空室が出てくる仕組みになっているので、突然行きたい派の方は要チェックです!

 

直江津関連情報として、7/26(木)〜29(日)には直江津祇園祭が開催されるそうです!

「うみがたり」は、6月下旬リニューアルオープンなので直江津を堪能できますよ!!

ごゆるりとお過ごしください。

新潟市では毎年8月に”新潟まつり”が開催されています

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
addrichnessをフォローする
日常にスパイスを少々