【大阪】「イルミネーション×インスタ映え」撮影スポット5選!撮り方のポイントは?

年間行事

ここ数年であらゆることがデジタル化し、それと同時にスマホのカメラ性能が驚くほど向上したこともあり、今までよりもはるかに綺麗な写真を撮ることができるようになりました。
そのため、スマホに搭載されたカメラ機能を最大限に生かし、インスタに投稿する若者も急増しています。
とは言え、実は「インスタ映え」という言葉を理解していない方も意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「インスタ映え」とは何か?また、大阪のイルミネーションでインスタ映えする撮影スポットや、その撮り方をご紹介します。

スポンサーリンク

インスタ映えとは

 

インスタ映えとは、10〜20代の若者の間で流行している言葉です。
実は、2017年の流行語大賞にもノミネートされていましたね。

実際にこの言葉の意味を理解されていない方が多いのではないでしょうか?
しかし、これだけあらゆるところで「インスタ映え」という言葉を聞くようになったため、今さら誰かに聞くなんて恥ずかしくて・・・などと思う方も少なくありません。

インスタ映えの定義って何?

 

この「インスタ映え」の定義として、InstagramというスマホでのSNSアプリで「いいね!」をたくさんもらえる写真や動画を投稿することです。
そして、この「いいね!」が多ければ多いほどその写真や動画の認知度が高くとても人気があるという意味にもなるのです。

 

そのため、「インスタ映えする!」などという表現は、

 

「Instagramで、“いいね!”をたくさんもらえそうな写真が撮れたよ!!」

 

という意味を持つことになります。

この「いいね!」がたくさん欲しいために、多くの若者はあらゆる場所へ足を運び、誰よりも良い写真を撮ろうと奮闘しているようです。

インスタ映えにも問題が・・・!?

 

インスタ映えする写真を撮ろうと、常にスマホを片手に歩く若者が増えています。
そして、そのような方はお店に入ってインスタに掲載する写真だけを撮ることが目的で、例えば飲食をしない・・・など、モラルに反する行動が問題視されていると言われているのです。

このマナー違反については、これから規制がかかることも考えられるため、そのような行動を理解できない方にとっては迷惑な話ですよね。
そう考えると、インスタ映えに集中するのではなく、周囲のことを考え、モラルを守って“インスタ映え”する写真を撮りましょう。

「イルミネーション×インスタ映え」撮影スポット5選!

海遊館

 

海遊館は毎年恒例で水族館全域がクリスマスイルミネーションで飾られます。
水族館前の“ジンベイザメのイルミネーション”はとても迫力がありますよね。
その他にも様々なイルミネーションがあり、ファミリーでもカップルでも幅広い年齢層の方が楽しめるスポットです。
インスタ映えする撮影スポットはやっぱりジンベイザメの前がおすすめです。

 

View this post on Instagram

 

沢山のイルミネーション。 しかも、さすが大阪。派手!✨ 海遊館の建物に反射してる円形のものは観覧車の光が写ったものです。 それぞれの人が、それぞれイルミの楽しみ方をしてるのが印象的でした(^^) あー!三脚持って行けば良かったよー😭海遊館の中歩くと思って、持って行かなかった…海遊館の中はそれで正解だったけど、外出てやっぱり後悔😭 #カメラ初心者 #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #海遊館のイルミネーション #大阪 #海遊館 #osaka #イルミネーション #aquarium #ジンベイザメ #ツリー #ペンギン #イルミ #観覧車 #手持ち #wu_japan #icu_japan #team_jp_ #lovers_nippon #japan_of_insta #japan_night_view #広がり同盟 #夜景ら部 #night_arts #nightview

AIKAさん(@aika.m.banzai)がシェアした投稿 –

時空の広場(大阪駅)

 

大阪駅の「時空の広場」は、毎年イルミネーションシーズンを迎えると、大阪の中でもとても人気のスポットとなっています。
また、毎年違ったテーマでライトアップされるため、いつも新鮮な気持ちでイルミネーションを楽しむことができます。

インスタ映えする撮影スポットは、毎年大活躍している「雪ダルマーズ」の前がおすすめです。
にっこり笑った雪だるまを見るだけで、ほっこり笑顔になりそうです♪

中之島「光のルネサンス」

 

大阪のイルミネーションでとても人気なのは中之島で開催される「光のルネサンス」です。
実際に足を運んでみるとイルミネーションという域を超え、まるで芸術の世界を旅しているかのように圧巻の美しい景色に驚きを隠せません。
そんな中之島のインスタ映えする撮影スポットは大阪市中央公会堂をバックにして撮るスタイルがおすすめです。

あべのハルカス

 

大阪関西の代表ランドマークタワーとも言える「あべのハルカス」は日本一の高さを誇る上、イルミネーションの華やかさを考慮すると、ここは絶対にハズせません!
「あべのべあの前で撮影するのがインスタ映えスポットとしておすすめです。

万博記念公園

 

関西人であれば誰もが知っている「太陽の塔」のある万博記念公園は、イルミネーションのシーズンとなるとライトアップが美しいだけではなく、3Dプロジェクションマッピングの技術とサウンドエフェクトの組み合わせで観客を魅了する素敵なイルミネーションを楽しむことができます。

インスタ映えする撮影スポットは、「太陽の塔」の前です。
色とりどりにイルミネーションのカラーが変わるため、様々な撮影が可能です。

インスタ映えする撮り方のポイント

 

ここからは、インスタ映えに最適なカメラ撮影の方法や撮り方のポイントをまとめました。

インスタ映えする写真はどのような撮り方がいいの?

 

どのようなものでも、あらゆるものが「インスタ映え」するわけですから、それぞれ撮りたいものによって撮り方のコツは異なります。

おしゃれな壁を利用する

 

写真撮影に人物を入れる場合は、できるだけ拝啓がオシャレな壁の前などを利用されると良いでしょう。
特に写真に撮られる側の方があまり撮影されることに不慣れでも、オシャレな壁が背景にあるだけで、写真うつりがグッとよくなります。

真上から写真撮影する

 

食べ物を撮る場合は、「真上から撮影する」ことがインスタ映えする写真を撮るポイントです。
特に高さがあるような食べ物やデザートなどは、横から撮影すると遠近感を持たせることもできるので、より美味しそうあ写真うつりになります。

風景写真を撮る場合は広角撮影を

 

インスタ映えする風景を撮影する場合は、できる限り広角撮影をするようにしましょう。
その方が迫力のある風景写真を撮ることができます。
「GoPro」を使用すると、自分が目にする風景よりはるかに迫力ある臨場感溢れる写真が撮れてインスタ映え抜群です!

足元に注意

 

足元までインスタ映えする写真を・・・などと考えている方はまだ少ないかもしれませんが、最近では足元と地面をアート化して組み合わせた写真がとても人気です。
「#あしもと倶楽部」「#足元倶楽部」などのハッシュタグをつけることで素敵な写真が見つかりますよ。

スマホで写真を撮る時に絶対にやってはいけない2つの事!!これさえ守ればかっこいい写真が撮れる!?

小物などアクセサリーを利用する

 

スイーツなどの食べ物を写真におさめる場合、色んな手持ちのアクセサリーや小物を料理やスイーツの横に配置させることでより雰囲気が伝わりやすくなるのでおすすめです。

自然光を利用する

 

電灯からの光ではなく、自然光での撮影の方がより様々なものの本当の色が出るため、、写真撮影を行う際はできるだけ自然光を利用しましょう。

賑やかなアイテムを合わせて

 

インスタ映えする写真を撮る際は、写真の中から楽しそうな雰囲気が飛び出してきそうな賑やかなアイテムを合わせて撮るのもコツです。

似たもの同士は並べて撮影

 

ファッション系の写真を撮影する際は、あえて似たもの同士を横に並べて余白を持たせた撮り方をすると良いでしょう。
そうすると、自然と見栄え良く撮影することができます。

まとめ

 

いかがでしたか?

「インスタ映え」とは何か?また、大阪のイルミネーションでインスタ映えする撮影スポットや、その撮り方をご紹介しました。
インスタ映えする写真を撮る際は、様々な工夫を凝らす必要があります。
その際、足元までのおしゃれに気を配った撮影を行うことがポイントです。

最近は、インスタ投稿されている写真を見ても、あらゆる写真が様々な影響力を持っていることが分かります。

毎日世界中の方が多くの写真をアップしていく中でも、誰よりも目立つ写真をアップすることができると、あなたのフォロワーもどんどん増えること間違いありません!
インスタ映えする写真の撮り方を覚えて、これから始まる大阪のイルミネーションスポットで良い写真を撮ってくださいね!