【みやざき納涼花火大会2018】駐車場や交通規制・穴場と見どころをご紹介!

年間行事

毎年猛暑の中、行われる花火大会。

納涼とはいえまだまだ暑さは続きますが、昔の人はそのな暑さを少しでも紛らわせる為にキレイな花火を打ち上げるという文化を育んできたのでしょうね。

 

昨今では、花火大会のピークとなるシーズンは8月上旬。

どこもかしこも花火大会で盛り上がる中、南国宮崎では70回目を迎える歴史ある花火大会が開催されているので、ご紹介します!

 

スポンサーリンク

みやざき納涼花火大会2018の概要とアクセス

 

夏の宮崎を彩る風物詩といえば、”みやざき納涼花火大会”ですよね。

南国みやざきで第70回を数えるこの花火大会は、約1万発の花火が打ち上げられ15万人を動員する大人気イベントです。

「水面にアート」と副題がつくほど、美しい幻想的な花火大会なんですよ。

みやざき納涼花火大会2018概要

 

<開催日時> 2018年8月4日(土)※雨天・増水時は翌日以降に順延

<開催場所> 宮崎市 大淀川河畔(宮崎市鶴島)

 


<タイムテーブル>
17:30 開場
18:30 アトラクション
19:50 花火打上

第65回みやざき納涼花火大会(2013-0803)

花火打ち上げ前のアトラクションでは、近隣高校のダンス部のパフォーマンスや太鼓などが行われ、早めに着いても楽しめるようになっていますよ。

 

そして花火は盛大に1万発打ち上がります。

大淀川の川面に反射して、幻想的な世界観です。

【口コミ】

1万発という大きな花火大会です。河原で上がるので、両岸から見やすく、また大きな花火も上がるので、迫力がすごい。隅田川の花火を見たことがありますが、同じ川でもこちらの方が数も多く打たれ、大きさも迫力があって、あまり有名ではないですが、こちらの方がすごいなと思いました。

(出典:トリップアドバイザー

第66回大淀川みやざき納涼花火大会 2014年 Fireworks display of Japan

みやざき納涼花火大会へのアクセス

 

【博多からJR宮崎駅まで】

博多バスターミナルより高速バス 4時間30分

 

【JR鹿児島中央駅からJR宮崎駅まで】

特急利用で2時間15分

 

【JR宮崎駅から】

・JR宮崎駅からタクシー 約10分

・JR宮崎駅から徒歩   大淀川北側まで30分 大淀川南側まで20分

・JR宮崎駅から宮崎交通バス宮交シティ行きで10分。「橘通1丁目」降車し徒歩5分

 

【車】

宮崎道から一ツ葉道路料金所を経由して、国道10号へ

通常時はJR宮崎駅まで10分程度

※駐車場は会場付近はないので、JR宮崎駅周辺で有料パーキングを利用(後述アリ)

 

みやざき納涼花火大会の駐車場や交通規制情報

 

まず、駐車場に関しては無料駐車場や臨時駐車場の用意はありませんのでご注意ください!

お車の方は、JR宮崎駅近辺の有料駐車場を利用して会場まで移動してくるという流れになります。

(出典:宮崎商工会議所より)

JR宮崎駅近隣の有料パーキングについては、主催者より上記のようにMAPが作成されていますので要確認です。その中でもおすすめ駐車場を後ほどご紹介します。

 

また、会場付近の道路は当日午後から交通規制が敷かれます。

その影響でJR宮崎駅に向かう道も通常よりも混雑する可能性がありますので、余裕を持って出発されることをおすすめします。

 

おすすめ駐車場3選

 

極力JR宮崎駅からすぐの繁華街で駐車台数の多い駐車場をピックアップしています。

なかには、駐車場探しで花火大会が終わってしまうという方もいらっしゃいます。

お車でご来場のご予定の方は、午前中にはパーキングに入れられるように出発することをおすすめします。

とりあえず、車さえ止められれば周辺は繁華街ですので食事やショッピングを楽しむことができますよ。

 

カリーノ平面駐車場 240台

住所:

 

カリーノ立体駐車場 120台

住所:宮崎県宮崎市橘通東4丁目11−32

 

タイムズボンベルタ橘 175台

住所:

 

みやざき納涼花火大会の交通規制情報

 

会場周辺の交通規制情報には、下記のようにMAPにされています。

あらかじめ確認の上、行かれることをおすすめします。

※規制時間は、19:00〜22:00頃まで

 

(出典:青年商工会議所より)

 

みやざき納涼花火大会の穴場と見どころ

 

みやざき納涼花火大会を楽しむ為に、有料観覧席・穴場スポット・見どころをまとめてご紹介します。

有料観覧席は毎年人気ですので、早々に売り切れの可能性がありますので思い立ったらすぐに購入を。

 

有料観覧席

※2018年分はすでに完売です

【口コミ】

8月11日の山の日の祝日に開催され、宮崎市 大淀川河畔から1万発の花火が打ち上げられました。
大変な人出で大規模な交通規制がなされるので、車で行くのは予め駐車場を
確保していないとウロウロしている間に花火が終わってしまいます。
今回幸い友人が有料観覧席を確保してくれ、打ち上げ場所の間近から大爆音と共に
迫力満点の花火を楽しめました。
有料観覧席は通年6月1日に発売開始されますが、多くはなく人気もあるので
早くに完売してしまうので、発売日当日に買っておく事をお勧めします。
8月11日が中止になっても13日までは順延されます。

(出典:トリップアドバイザーより)

①スーパービューテーブル席6名(20テーブル限定)

  • 観覧場所:A・Bブロック中央最前列各10卓
  • 全席指定
  • 料金:20,000円
  • 特典内容:6名分のオードブル+ドリンク券6枚付(生ビールorソフトドリンク)

②テーブル席6名(200テーブル限定)

  • 観覧場所:6人掛け×200卓
  • 全席指定
  • 料金:16,000円
  • 特典内容:6名分のオードブル+ドリンク券6枚付(生ビールorソフトドリンク)

③プレミアムツインシート席2名(20セット限定)

  • 観覧場所:2人掛け×20卓
  • 全席指定
  • 料金:16,000円
  • 特典内容:特性弁当+ドリンク券2枚付(生ビールorソフトドリンク)

 

④いす席(350席)

  • 観覧場所:プレミアムツインシート席の後ろ側
  • 自由席
  • 料金:1,000円
  • 特典内容:いす一脚

 

(出典:宮崎商工会議所より)

Yuki Kurodaさん(@yuki_kuroda_photo)がシェアした投稿

穴場スポット3選

穴場①天神山公園

打ち上げ会場対岸にある公園。

小高くなっているので見晴らしは抜群です。

 

穴場②愛宕山神社

こちらも打ち上げ会場向かいの高いところからの眺めを狙います。

しかしながら、けっこう上まで上がるのに疲れるようなので事前に下見しておく方が良さそうです。

穴場③打ち上げ会場対岸

あとは打ち上げ会場対岸はベストスポットとも言えますね。

ビニールシートの用意はマストですが、早めに場所取りさえできれば移動もしやすいし花火も大迫力で楽しめますよ♪

 

見どころ

 

みやざき納涼花火大会の見どころといえば、何と言ってもフィナーレを飾るナイアガラです!

数々の仕掛け花火や何発ものスターマインもありますが、このナイアガラに敵いませんよ。

大淀川の北側と南側が繋がって長大なナイアガラとなり、川面にも映るその幻想的な光景は一度みると忘れらないでしょうね。

第68回大淀川みやざき納涼花火大会(3)ナイアガラの滝 2016年 Fireworks display of Japan

 

まとめ

 

いかがでしたか?

南国宮崎という開放感あふれる空の下、打ち上がる花火やナイアガラの眺めは壮観でしょうね。

宮崎県はグルメの豊富ですから、花火大会に行かれた際にはゼひ宮崎市内に宿泊して宮崎グルメを楽しんでください!

 

宮崎牛を始め野菜や果物など農産物もすごく美味しいんです♪

そして焼酎をグイッと流し込んで頂くと、納涼完了となります。